日々の出来事を


by wonderfuldream
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日光ビール

紅葉狩りとアイスホッケーを観に日光にきてます。
霧降周辺、ちょっと紅葉は早いようですが秋の雰囲気は感じられます。
[PR]
# by wonderfuldream | 2006-10-28 13:10

痛てて

お昼に何を食べようかと考えながらコピー機へ行こうと席を立った瞬間・・・。
足の裏、ちょうど土踏まずあたりの筋がピキッとなりました。
腰ならわかるのですが、思いがけないところが痛くなり驚きました。
普通に踵をあげて歩くと非常に痛い。
思い切って無理して普通に歩いてみたら余計に痛くなる始末。
なんだかぎっくり腰に続き本当に年を感じる出来事です。
まあ普通にしてる分には何も支障がないのですが、
ちと困ったなぁ~。
[PR]
# by wonderfuldream | 2006-10-27 21:37 | 徒然

おめでとう新庄

朝晩めっきり寒くなってきました。
そんな寒さに負けない北海道日本ハムファイターズ。

いや~良かった本当に良かった。
やはりセ・リーグの代表より、元阪神の新庄のいる日ハムが気になる。
記録的には決してすごい選手ではないが、思い出に残る男新庄。
本当に良かった。
さあこれからビールかけ。
どんなパフォーマンスを見せてくれるかしっかり目に焼き付けたいと思います。
[PR]
# by wonderfuldream | 2006-10-26 23:26 | 阪神
ゴールドオアシスの応援に東京競馬場へ。
朝一で気合を入れて行ったのですが、なぜか非常に空いていました。
府中では重賞もないが、京都では菊花賞があるのに、この空き具合。
まあ自分にとってみれば空いているほうが良いのですが・・・・
これも薬問題がすこしはあるのでしょうか?

さて、1、2Rでことごとく人気馬が敗退し荒れ模様。
そして松岡Jが5Rまで4騎乗で(2.0.2.0)と絶好調。
これを良く考えれば・・・・。
ゴールドオアシスは6Rに出走。
前走3着と好走したものの2番人気。
相変わらずなぜか人気になりにくい馬です。
パドックに出てきたオアシスは馬体重が増減なしで前走のふっくら感はそのまま。
相変わらずパドックのカーブで厩務員さんの方に顔を向けながら周回。
返し馬もまずまずの感じであとはレースの流れと蛯名Jとの相性といった感じ。
最後の枠入れが良かったのか、好スタート。
そこからいつものように定位置の後方へ。
しかし、いつもなら鞍上が手綱を動かし気味に追走するのだが、今日は楽に追走。
直線手前でゴーサインが出て、いつものように大外へ。
今回はペースが速くあっという間に先行勢に取り付き突き抜ける。
今までの勝ち味の遅さが嘘のような3馬身差の快勝。
時計もなかなか良かったしこれなら上のクラスでもと思える走りでした。
なかなか蛯名Jもやるじゃないですか。ちょっと見直しました。
しかし馬券は2着の今日絶好調の松岡Jの馬を軽視してとんとん。
なかなかうまくいかないもんですね。

この日は10Rにサクライナセも出走。
新聞紙上でも人気があまりないのでしめしめと思ったのですが、
パドックに姿を現したイナセはどうも元気がない。
なんというか覇気が感じられずいやな予感。
そんないやな予感は的中してしまい、
道中壁を作れず仕方なく直線早目に仕掛けるもまったく伸びず。
なんとか立て直してほしいです。

ここで菊花賞の馬券を買って競馬場を後に。
メイショウサムソンから馬連でドリームパスポートと8枠3頭へ流す。
まさかサムソンが沈むとは・・・。
しかも8枠が来るとは・・・。
そして典ちゃん・・・また2着ですか。
ん~なかなか競馬は難しい。
[PR]
# by wonderfuldream | 2006-10-22 22:45 | 競馬
c0075010_18374624.jpg

2回ほど書いたのですが、なぜか送信エラー・・・・まったく。

ガッカリした状態で放置してもあれなので(あれってなんだ?)、
もうかなり忘れかけた記憶を引っ張り出して書いてみます。

いよいよプロ野球も今季最終戦。
午後休をもらって神宮球場へ。
この日は一部のシートを除き自由席。
しかも感謝料金でかなりお得。席も結構良さそうな席を確保。
試合開始までは、狩野や喜田など次代を担う若虎の練習をじっくり観察。
やっぱり若くて体の線が細い。

先発は井川-浅井の珍しいバッテリー。
ヤクルトはほぼベストオーダー。
消化試合とは思えない両軍のオーダーにビックリ。
阪神は初回にいきなり金本の2HRで先制。その後6回には林のソロで追加点。
投げるほうでは井川が奪三振のタイトルに向けて好投するも、
なかなか三振の数は増えていかない。
試合は、ほぼ阪神の勝ちゲームの流れのまま最終回。
ここまで井川は7個の三振で最終回三振を3つ取ればタイトル。
しかしこれは厳しいなと思ったら、ヒットは打たれつつもアウトはすべて三振で、
試合終了。

終わりよければすべて良し。
来年はV奪回!
[PR]
# by wonderfuldream | 2006-10-15 23:00 | 阪神