日々の出来事を


by wonderfuldream
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:アイスホッケー( 8 )

オープニングゲーム

いよいよアジアリーグアイスホッケー2006-07シーズンの開幕を迎えました。
先日のプレシーズンマッチでけちょんけちょんに、けなしたので
ちょっと気が重かったのですが・・・・・やっぱり面白かった。
贔屓の選手、チームがなくてもハラハラドキドキしてしまいました。
ちょっと早いけど今季ベストゲームだったかも。

11時ちょっとすぎに到着。駐車場はギリギリの入庫でした。
荷物を持って入場ゲート付近に行くと長蛇の列。
なんでかなと思ったら南ゲートのみの入場。北ゲートは人員の都合なのか
それともリンク内の冷房の関係なのか途中まで閉鎖されてました。
しかも館内入場してすぐのところにグッズ販売コーナーがあり
南の売店エリアはシャッターが閉まっており人がすれ違うのがやっと。
HP上では「過去最多入場者更新か?」なんてあおっておきながらこの始末。
初めて観に来る人に少しでも快適に観戦してほしいという配慮に欠けている運営。
まあ今に始まったことではないですが・・・。
まあ苦言はこの辺までにしておいて肝心の試合。

13:00 SEIBUプリンスラビッツ 3-1 日本製紙クレインズ

いきなり昨シーズンのプレーオフファイナルの組み合わせになりました。
SEIBUは藤田が怪我のため欠場(会場では手をつった痛々しい姿で観戦)。
序盤はお互い様子見なのかゆったりした流れ。
それでもペナは結構多くて、ちょっとでもパックを持っていない選手に対する接触などは、
ペナになっていました。
確かにシュートチャンスは多くなったものの試合が切れる回数が増え、
流れが悪くなったような気がする。
先制したラビッツにクレが追いつきその直後にラビッツがまた突き放すシーソーゲーム。
最後クレも6人攻撃を仕掛けるも逆にENで3-1でラビッツ勝利。
さすが昨年の王者です。怪我人が出ても他の選手がカバーする。
若手も育っているようで昨年までのようにプレーオフから勝負というスタイルではなく、
いきなり突っ走りそうな気がします。
この試合、1G1Aで河村選手がGBPに選ばれましたが私的にはGK菊池#39が
完璧でした。2年連続でMVPを取ったことで自覚、自信が深まったのでしょう。
今の調子の彼でしたら2点もあれば十分といった動きに見えました。
ゴールマスクも西武鉄道時代の西武鉄道デザインでちょっと嬉しかったです。
今後の活躍に期待します。


16:30 日光神戸アイスバックス 3-1 王子製紙

正直王子が何点差で勝つかなというのが私の中の興味だったのですが、
意外な試合展開になってしまいました。
試合開始直後にIBの村井選手が左サイド外からノーマークでシュートを
王子GK春名選手が反応できず?あっさり先制。
ここから流れがおかしくなってきました。
王子はシュートは結構打つもののIBのGK橋本選手と堅いDFに阻まれ
得点には結びつかない。
結構決定的なチャンスも数本あったものの昨年同様最後の詰めが甘い。
そのままずるずると試合は流れとうとう試合は第3ピリオドに。
こちらもピリオド開始早々に王子は連続失点で0-3に。
ここで勝負あり。
IBは後半少し動きが遅くなった感じはしましたが、要所をしっかりと押さえて、
チーム一丸で勝ち取った勝利だったように思います。
王子についてはここ数年の課題の得点力不足が解消されていないような気がしました。
チーム若返りのための辛抱する年なのか?
ラビッツ独走を止めるためにも古豪復活に期待します。
頑張れ若手!

2試合観て、やはり面白かったアイスホッケー。
とりあえずルールがわからなくてもあの素早い試合展開や
華麗なシュートなど魅力はたくさんあります。
ぜひリンクに足を運んで体感してほしい競技です。

しっかし2試合観ると体の芯から冷えてしまいます。
[PR]
by wonderfuldream | 2006-09-23 23:00 | アイスホッケー
c0075010_13361410.jpg

まだまだ暑い日が続きますが、9月23日からアイスホッケーアジアリーグが開幕します。
そのプレシーズンマッチ(プロ野球のオープン戦のようなもの)を観に東伏見へ行ってまいりました。
懐かしい西武鉄道が廃部になってから一人、また一人と贔屓の選手が少なくなり、そんな状態の自分がどこまで興味を持って観戦できるか心配でした。
しかもコクドがいつのまにか仮称とはいえ西武を名乗ってるいるし・・・。
結果から言えばまったくもって面白くないものでした。
それは贔屓の選手、チームがいる、いない以前の問題でした。
今年から反則の取り方が厳しくなったようで、ペナルティボックスに人がいない時間の方が少なかった。
多少の激しいチェックなどはOKだったのが、ほとんど反則になり、少しでも選手が接触したりして相手が転ぶと反則。
しかも審判、オフィシャルなども手探り状態でルールの確認のため試合が長時間止まってしまったり。お金を取って観せる試合ではなかったように思えます。
毎年毎年やる気のない主催者?関係者?の態度には本当にあきれてしまう。
いままでは贔屓の選手がプレーしていたので許せる面もあったが、いよいよアイスホッケーから足が遠のくかもしれないなと帰りの車の中で思いました。
[PR]
by wonderfuldream | 2006-09-02 23:00 | アイスホッケー
う~眠い。
なんとか一週間のりきってやっと週末。
しかしこの週末は久しぶりのアイスホッケー観戦。
アイスホッケー観始めてからかなり経つが、出だしがこんなに遅くなったのはじめて。
アジアリーグ創設以来すっかり国内でのゲームが減っていて、
なんだか盛り上がりに欠けてる気がする。
マッツ(西武鉄道#47)もジャージ脱いじゃったし・・・。

そんなダルダルモードのまま新横浜へ。
当日はリンク入口に屋台村、先着で食パンの配布、各種プレゼントなど
盛りだくさんのイベントですがどれもこれも中途半端な印象。
一昔前のJRAのような景品配布でのお客勧誘はもう時代遅れ。
やっぱり何が一番かというと、観ててドキドキするような熱い試合なんですよ。
それも実力の拮抗したチームの試合同士でないと成立しない。
そんな気持ちが通じたのか第一試合からドキドキの試合でした。
まあクレインズの楽勝で終わると思ったら、まったく逆の展開。
スピードは少しないが確実にスタミナはアップしている。
まず選手が後半になってもバテない。
そしてチーム全体のレベルがアップしている感じ。
元西武鉄道の選手が結構いますが各々数段上手くなっていて観てていつのまにか、
引き込まれていました。
GKの春名選手も再三のピンチも冷静にクリア。こんな強い日光神戸アイスバックは
はじめてかも?

続く第二試合はコクド-王子。
まあどちらも実績十分でどんな試合になるかと思ってましたが、
ちょっとがっかりな試合展開。
コクドは中心選手2名の負傷退場で圧倒的に王子有利だったものの、
打てど打てどゴールが決まらない。
まあコクドGKが良く守ったといえるのかもしれませんが、お互い探りながら試合終了。

久しぶりにアイスホッケー観ましたがやっぱり面白いですね。
いつもシーズン前に今年からはもう行くの止めようとか思うんですが、
観にいくとやっぱりおもしろいんですよね。
マイナーですが一回でも観ればこの面白さが分かると思うんですが。
皆さんもぜひリンクに足を運んでみてください。
c0075010_11534689.jpg

[PR]
by wonderfuldream | 2005-11-19 23:00 | アイスホッケー

たまには涼しい話題

暑い、暑いですね。
プロ野球も前半戦が終わって、のんびりムード。
木曜日はスポクラの日(自分に負けない為に勝手に命名)
筋トレ45分のコースと30分歩き×2セット。
他にもマシンを使っていろいろと。
疲れました。

さて夏真っ盛りですが、少しずつアイスホッケーの動きも。
AL広報発!2005-2006 参加チームは9チームへ/JIHF
結局来期は9チームで行われるらしい。
ただ日程などはまだ詳しく決まってないらしい。
なんでこんなに遅いんでしょうね。
9月開幕だったらそろそろ発表して、プレシーズンマッチなどで盛り上げないと。
相変わらず、やる気があるんだか、ないんだか・・・。
それと日本4チーム、日本以外5チームになりますが、
これでまた国内での開催が減るんでしょうか?
確かにアジアリーグというグローバル(?)な考え方も必要ですが、
それによって国内市場が冷え込むのはどうなんでしょう。

期待が大きい分厳しく見てしまうのかな?
[PR]
by wonderfuldream | 2005-07-21 23:00 | アイスホッケー

終了

本日も苫小牧の王子-クレインズの結果に一喜一憂。
仕事帰りの電車の中では携帯で確認。
スポクラではロビーでしか携帯が使えないのでマシンが一個終わるたびにロビーへ。
その後レップ45というプログラムに入ってしまったのでしばしチェックは中断。
プログラムはもう結果が気になって気になって集中できない。
終わったら急いでスタジオから出てロビーで確認。
同点に追いつかれて延長戦突入。
一時は4-1まで引き離し楽勝と思われたのに・・・。
この時点で携帯の電池はなくなってしましました。FOMA電池なくなるの早すぎ。
お風呂に入ってスポクラを出て、20m歩いたところで携帯をONにしてみると、
なんとかいけそう。
そこでクレインズの延長勝ちの事実を知りました。
嫌な予感はしてました。
釧路での2試合目の負け方からなんとなく嫌な感じはしてました。
しかし王子GKダスティ自身の調子は良さそうだったのでなんとかなるかと思ったのに。
残念です。
結果セミファイナルで王子は敗退してしまったものの、
久しぶりのダスティの好セーブを見れて満足はできました。
まだまだやれるのではないかと思いますの何とか来年も王子で頑張ってほしい。
クレは初のファイナル進出。コクド優勝は見飽きたのでなんとか勝ってほしいな。
[PR]
by wonderfuldream | 2005-03-17 23:00 | アイスホッケー

燃え尽きるのはまだ早い

仕事は結構暇だったりする。
あ~何して過ごすかなと考えていると急ぎの仕事が舞い込んできた。
ここ1年以上なかった事象だったので昔の資料などを見返したりしたり。
当事者結構のほほんとしていたらしいが、
一般常識のある大人のする事ではないなと思うし、
我が社のような会社の人間としては恥ずかしく思えるほど。
まったくよけいな仕事増やしてくれちゃってと思う。

そんなこんなでめずらしく残業をして相方と一緒に帰る。
18:30試合開始の王子-クレインズ/苫小牧の速報に一喜一憂。
一喜一憂というよりも一喜二憂といった試合展開。
速報では試合全体の流れがよくわからないが、どうやらダメダメらしい。
釧路での負け方がペナから試合のリズムを崩して得点できないと
いうものだったのに今回もペナ多過ぎ。
全日本選手権の王子はなんだったのか?
燃え尽きてしまったのかな?
そういえば全日本選手権での優勝インタビューで桜井キャプテンからは、
来るプレーオフの豊富はなかった。
とりあえず負けてしまったものは仕方ないので明日は勝ってもらいたい。
[PR]
by wonderfuldream | 2005-03-16 23:00 | アイスホッケー

釧路旅行その2

朝起きると、とても良い天気。でも外は寒い。
試合開始が14時なのでそれまでゆっくりしたかったが、ホテルのチェックアウトが、
10時なので8時起床で身支度をして朝食を食べに行く。
ホテルの最上階のレストラン。
まあどこにでもあるバイキングです。
でも北海道ならでは、生たらこ、ししゃもフライなど変わったものも。
このししゃもフライ。東京では食べたことがない大きさで身もいっぱいで卵もいっぱい。
結構いける味でした。

試合開始までどうやって時間を過ごすか考え、フィッシャーマンズワーフMOOで
お土産などを物色。
六花亭でお菓子を買い、魚屋でウニとホッケと生カキを購入。
そして流氷アイスを食べて一休み。
この流氷アイス、流氷を見立てた氷が入っているただの塩アイスでした。
その後MOOから釧路駅まで約1㎞を歩き腹ごなし。
途中でカメラのフィルムが微妙なので買おうとカメラ屋2件と電気屋1件をまわりましたが、
なぜか800の感度のフィルムはなかったとです。
駅から路線バスでリンク近くのショッピングセンターで昼食。
釧路で有名な泉屋でミートカツを食べる。
熱熱の鉄板の上にスパゲティ、カツ、ミートソースが下から順に盛られています。
そして量がすごく多い。「すいません普通盛り頼んだんですけど・・・」と言いそうなくらい。
まあスパは普通ですが鉄板に盛られているので最後の一口まで熱熱。
美味かったです。

お腹も一杯になり、いよいよアイホ会場へ。
昨日よりもお客の入りは良く、盛り上がりそう。
前半王子がペースを握り先手先手の攻めでしたが後半から王子のペナが多く、
ダスティが孤軍奮闘。そして私の一番の贔屓のクレ#47の樺山もフェイスオフを
バンバン取りまくる。ベテランがかなり良い仕事してました。
そして2-1で迎えたP3でとうとうクレが同点に追いつき延長へ。
延長ではクレの反則(4分)でPPを王子が決められず、逆に王子が反則連発。
若手を育てる為厳しい時間に起用するのはわかるが、いったいなんでこの時間なのか。
そして起用した若手が2回も連続で反則。
これではさすがのダスティも守りきれずクレがゴール。
王子の動きは良かったものの選手起用で負けた感じ。勝てる試合だったのに・・・。
相方は呆然。
その後リンク近くのモスでお茶をし空港バスで釧路空港へ。
レストランエメラルドで晩御飯。
帰りの飛行機は読書灯と機内放送が聴けないという踏んだり蹴ったりの帰り道に
なってしまいました。
これでクレインズと王子のセミファイナルは1勝1敗。
いったいどっちがファイナルに進むのかドキドキです。
[PR]
by wonderfuldream | 2005-03-13 23:00 | アイスホッケー

釧路旅行その1

アイスホッケーセミファイナルを観に12:05発のJALで釧路へ。
今回は3年間かけてやっと貯めたマイルを使い「おともdeマイル」を利用。
なかなか予約が取れなくて冷や冷やしたが、締め切り直前にごっそり空きが出て問題解消。
渋滞を考え8:00に家を出発し、10:00に空港へ到着。
相変わらず狭くて汚いラウンジでオロナミンCを飲み休憩し、保安ゲートを通過する。
ゲートを通過すると立ち食い蕎麦屋がありそこで軽食。
定番のみち子の鯖寿司を買ってその後出発ロビーで時間をつぶす。
するとアナウンスで到着便が気流の関係で遅延し、シート交換の為出発が遅れるとのこと。
そういえばオールスターの為釧路へ行くときもANA便でしたが出発が遅れた。
釧路は鬼門なのか?
定刻より60分遅れで無事出発し、定刻より30分遅れで釧路へ到着。
なんか時間が合いませんがそれだけ速度を上げたのでしょうか?不思議だ。

釧路は3月とはいえやはりまだまだ寒かったです。
バスに乗り込み鳥取大通り2丁目で降り、リンクへ。
オールスターに比べて人の入りも良い。
それに応援団?ファンの意気込みも違い、まさに甲子園のような雰囲気。
横断幕もたくさんあって、クレインズ側だけ席の背もたれに黒のビニールシートで
クレカラーで統一されていました。

肝心の試合はもう王子のGKダスティ様様といった感じ。
クレの調子もまずまずに見えたがダスティを中心とした守りが決め手。
もう久しぶりに、かっちょいいダスティが見れて相方大満足。
ただ王子は第4セットまで使っている。若手の成長の為には必要だが、
一発勝負のようなプレーオフには疑問符がつく。
こういうときこそ杉澤#3のようなベテランの力が必要ではないかと思う。
まあ今日のダスティの調子からいって王子が負ける気がしなかった試合。
クレもよくそのダスティから2点を取ったと思う。

一旦ホテルにチェックインして、タクシーでなごやか亭新川店へ。
大えび、あぶりサーモン、ビントロがうまかったです。
それとザンギ(鳥のから揚げ)も美味かった。回転すしでも北海道はレベルが高い。
その後、つぶ焼きとラーメンしかメニューにないお店でつぶ焼きを食べる。
やっぱ魚貝類は北海道に限ります。
[PR]
by wonderfuldream | 2005-03-12 23:00 | アイスホッケー