日々の出来事を


by wonderfuldream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

世界の壁

お昼に奮発してうなぎを食べてまいりました。
車で20分ほど行ったところにある「甚太」というお店。
注文してからさばきはじめるので、出てくるまで約30分ほどかかります。
その間は肝焼きや白焼きなどをつまみながら待つことに。
やっと出てきたお重を開けるといい匂いが。
いつも食べるスーパーの硬い身ではなく、ふんわりしていて美味。
そしてご飯が非常に美味しかった。
さすが2,600円もするうなぎでした。満足。

お昼に奮発したので晩御飯は質素に済ませ、凱旋門賞を待つことに。
映像で観るディープはなんかガッシリした体つきになっていたような気がします。
それと少し入れ込んでいたような気が。ただ岡部元騎手をはじめいろいろな方は、
非常に落ち着いていると言っていたので、問題ない範囲だったのでしょう。
レースは皆さんご存知の通り3着。

レース後になんとなく思ったのは、武騎手は相手をシロッコ一頭に的を絞った競馬をしたのではないかということ。その相手が思ったほど走らなかった。相手の読み違いをしたのではないか。
レース後、パドックで言葉少なに振り切るように後検量に向かった姿からそう思いました。
寂しい背中でした。

しかしディープも武豊もこのまま終わるわけではありません。
きっとこの悔しさを来年晴らしてくれるでしょう。
そう願っています。
[PR]
by wonderfuldream | 2006-10-02 06:00 | 競馬