日々の出来事を


by wonderfuldream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ゴールドオアシスその7(カトレア賞)

c0075010_213106.jpg
昨夜は沖縄から帰ってきたのが24:30だったので、お昼近くまで睡眠。
沖縄旅行は本当なら日曜日の日ハムとの練習試合も見たかったのですが、
幸か不幸か飛行機のチケットが取れなかった。

発送時刻1時間前到着を計算して相方と府中へ。
ちょうど7Rが終わった頃に到着。
運試しに8Rを買ってみる。
まあこういうときはほとんど当たらないのだが、ゴールドオアシスのこともあるので、
吉田豊Jの逃げ切りを狙ったら見事に逃げ切ってくれた。
2着もD2100と長丁場だからという単純な理由からメジロを選択。
当たるときはこんな理由で当たるものである。
気分良く9Rのパドックへ。
いつものように赤いメンコ。
ただ今回は冬毛がかなり目立っていた。
しかし歩様などは申し分なく、馬体重も-4kg。
時々厩務員さんの方に首を傾ける仕草は「もう歩きたくないよう」と言い、
それを優しそうな厩務員さんが「もうちょっと頑張りなよ」と諭しているように見える
ちょっと微笑ましい。
返し馬は可もなく不可もなく。
今回は15番枠からのスタートが少し心配でした。
スタートは互角にきったものの、徐々に定位置へ下がっていく。
3~4角中間点でも最内の最後方。ん~。
直線に入ったところで思いきって大外に出して追い上げ開始。
一頭、また一頭と交わして行くというよりも、ビュンと交わしさって行くように見えた。
これは勝てると感じ、あ~フィルムどうしようとか確か単勝15倍あったなとか
いろいろ考えながら「オアシス差せ~!」と周りが引くくらい絶叫。
そういえば斜め後ろのお兄ちゃん達も小さな声で「よし、吉田行け~」とか言ってたっけか。
しかしそうなかなかうまく行かないもので、早目に先頭に立ったレッドバースピンが
なかなか粘り3/4差届かずの2着。
ちょっと残り100mくらいで勝ち馬と脚色が一緒になってしまった感じ。
現状では1600mより伸びると差脚が鈍るように感じ。
ただ1200mも今では短いようだし・・・・また芝の1600mか・・・。
思いきって一ヶ月くらい放牧に出るのもありかな。
嶋田先生、よろしくお願いします。
[PR]
by wonderfuldream | 2006-02-12 23:00 | 競馬