日々の出来事を


by wonderfuldream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ジンガロ

c0075010_1634667.jpg

すっごく楽しみにしていましたジンガロ公演の日がやってきました。
駐車場はないとのことですが、木場公園の駐車場が使えるので車で。
15:30の開場時間10分前に到着。
最近、車で首都高を抜けて出かける場合の到着時間がばっちりなので嬉しい。
開場時間には約50名程並んでいました。
まあすることもなかったので、列に並び入場。
なるほど早く来て並んでいる意味が分かりました。
17:00開演のシアターには15分前からの入場。
それまでロビーなどで待っていることになるのですが、早く行くとフカフカのソファーで、
休んでいられる。中途半端な時間に行くとずーっと立っていることになる。
運よくフカフカのソファーに座れた私たちはのんびり。
すると正面のソファーに見覚えのある人がチラホラ。
美浦のエルコン君でお馴染みの某N厩舎の関係者が何人もいました。
ちょっと感激。

<買物リスト>
パンフ@3,000、携帯ストラップ@3,000、
軽食@1,600、シャンパン@1,200、ワイン@1,000
ジンガロ特製チョコ@1,000、チョコ詰合せ@2,500

あまりにも暇なのでソファーを立ってエルメスの売店などを物色。
さすがエルメスだけあってどれも高い!こんなんでは手が出ません・・・・・。

そしていよいよ入場。
シアター内は暗く席も良くわからなく、案内係に聞いてもあやふやな案内。
「この席はどこですか?」「あっちの列ですね」って全然目の前じゃないですか!
そして席はなんとパイプ椅子。シートピッチも前後左右狭い。
上演中後ろの席の人が足を組みなおすときに背中に蹴りいれられましたよ。
肝心の内容はなんともわからない物でした。
今回の演目はチベットの馬と人間と風をテーマにしてるものらしいのですが、
オペラといっても歌があるわけでもなく、ストーリーもない。
パンフを読むと観客一人一人がいろいろな受け止め方をしてくださいとありました。
確かに馬の演技で難しいと言われるもの(例えば後脚を軸にして前脚だけで円を描く)
などありましたが、一般の人がどれだけ気付くのかなと。
はっきり言えばかなり退屈なものでした。
それよりも上演環境をなんとかしてもらいたいと強く思いました。
パイプ椅子の1時間45分は厳しい。

帰りは木場公園近くのラーメン屋で晩御飯。
あやしげな雰囲気を醸し出していましたが、思ったよりまずくはなかった。
[PR]
by wonderfuldream | 2005-03-21 23:00 | 徒然